FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

最近の出産って、バースプランを書くらしい。


自分がどんなお産をしたいのか、
出産後、どんなスタイルで育児をしたいのか、
そんなことを要望書として医療者に伝え、

妊婦さんと医療者がいっしょに話し合いながら
バースプランを決定していくのだという。


医療者にまかせっきりの受け身ではなく、
妊婦自身が積極的に考え、選択して産むお産。


お医者さんと助産師さん、看護婦さんのいうことを
よく聞いてさえすればいいと思っていたわたしには、
ちょっとどころか、けっこうな驚きだ!


いやー、そんなこと急に、
意見求められてもなぁ...と、戸惑ったのは最初だけ。

いろいろ調べていくうちに、
あれも、これも、さてこれはどーだろか?と
ボーフラのようにウジャウジャとわいてきて、

結局最後は、
A4用紙にびっちりと、
虫メガネで見ないと読めないんでねーのお!っというくらい、
小さい欄に、ちっちゃーい文字で書くことになった(笑)


▼続きを読む▼

【失礼します!!】
私も、臍帯血について興味があり、調べていたら、こちらにたどり着きました。

私も、2月19日予定日で、自治医科大学の産科に通っています。


結局、臍帯血は、自治医科大では登録できますか?
もし無理なら、あきらめます・・・
【>ふじPさん】
はじめまして!コメントありがとうございます。

予定日もうすぐなんですね。
無事にご出産されることを心からお祈りしています。

さて、臍帯血ですが、
わたしが調べた限りでは自治医科大学では臍帯血を提供することができませんでした。

その理由ですが、
①臍帯血を保存するには特殊な設備と技術を持った専門家が必要であり、
臍帯血を出産時に提供できる施設は限られている。
②現在、臍帯血を必要としている患者さんの需要に対して
ほぼ100%近く提供できているので、
これ以上施設を増やして臍帯血を登録する必要性がない。

上記のような理由で、今後も栃木県に臍帯血を提供する施設を作る予定はないそうです。

そして自治医科大学で研究対象用として臍帯血を提供することについても、
わたしの出産のとき(2010年)には当面予定がないという回答でした。

ただ、状況は変わっているかもしれませんので、
大学の主治医の先生にご相談されてはいかがでしょうか?
この記事へコメントする















09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文: