FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

へそ曲がりのつわりも、
よくなったり、悪くなったり。


気のせいだろか、
フラメンコに携わっていると、
不思議と気分がよくなる感じがする。


ま、気の向くままだとわたしの場合、
どうしても夢中になってやり過ぎちゃうので、
そろそろセーブと思いつつ、今日が最後と張り切った。



やっぱりな。



そろそろダンナから、不意の一喝をくらうぞよ。





前々回の日記にも書いたように、
(だらだらと長いのですが、下のほうに書きました)


以前のお教室で出会った、
アラカンのギタリスタM氏の、
頑張った甲斐ある晴れの舞台を見に、

11月23日、
小山市の某フラメンコサークル発表会に行ってきた。


aireverano

行ってきた結果、
わたしは勝手に感動したので、

今回は、実名報道に踏み切ることにした(笑っ)

話題のギタリスタ・宮田龍三氏どすっ。


aireverano

そして、なーんと驚くなかれ、
この宮田さんの甥御さんは、

今月7日、
世界のチェロ奏者の登竜門として知られる
「ロストロポービッチ(Rostropovich)コンクール」で、
23歳で見事優勝された宮田大(Dai Miyata)さんなのです!
    ↓↓↓

  宮田大


宮田さーん、
今回のこのブログの主人公は宮田さんだから、
甥御さんの写真はちっちゃいど~(笑)



久々にお会いして、
その上達ぶりにわたしは目を見張りました。


1年前、
まだわたしが栃木でフラメンコの勉強をしていたころ、

レッスンの合間に、

いまこんなの練習してるんだ~とか、
ホラ、こんなのできるようになったんだ~とか、

そんなたわいもないおしゃべりで戯れていたあの頃が、
なんだか急に懐かしくなりました。


あれから1年間、

一生懸命努力を重ね、
レパートリーを増やし、
発表会の伴奏まで一人でこなし、

そして「き、緊張してます~」と苦笑いしながらも、

ギターソロを披露するまでになり、


人の見えないところでの、
アラカン宮田さんの努力が垣間見えて、


わたしはひとり、
はらりと涙をこぼしました。



aireverano


そして、
この発表会のカンタオーラ・野沢かこさん。


かこさんもそう。

先輩を前に、めっちゃ上から目線で、
もう本当に申し訳ないんだけれど、


かこさんのカンテの上達ぶりにも、
本当に驚いたんです。


栃木にカンテ教室なんかないなか、
必死に勉強してきたんですね~


ずっとずっと会ってはいたけれど、
かこさんのカンテを聞いたのも、1年ぶり。


あのときと明らかに違った、今のかこさんのカンテに、
これまた人知れず努力してきた背中を見たようでした。




わたしは、
この二人に負けないくらい、
本当に前に進んでいるのだろうか???

そうやって、自分をふり返ってしまった。




誰のためでもなく、
自分のために精進しつづける習いごと。



たかが趣味だと、
もう年齢的にムリだと、
そんなイイワケしてみても、


こうやってちゃーんと努力を重ねて、
一歩ずつ結果を出してくる人がいるんだからね。



表現はわるいけど、あえて一言。


何のポリシーもないプロより
数百倍も、数千倍も、思いっきり感動的だじょ~




あたしも、
この人たちに負けてられない。。。



努力した結果、それでもヘタクソだとしても、

完敗を認めざるを得ない、負け犬だけにはなりたくなーい。




おーしっ。みてろよおお。


宮田さーん、かこさーん、


japonesitaは、ホームラン予告するじょ。



特大の、場外ホームランじゃ~



それがいつか。。。。。



そこが問題だ。。。。。




まっ、気長に待ってておくれ~想像







スポンサーサイト





この記事へコメントする















09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文: