FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

夕方にあった強い地震は、
ちょうど1か月前のあの恐怖を思い出させた。

爽空ちゃんと虎徹と3人で部屋にいたわたしは、
とっさに爽空ちゃんを右手に、虎徹を左手にかかえ、
身体全体でテレビを押さえた。

揺れがおさまるとすぐに爽空ちゃんをおんぶし、
外は雷雨の荒れ模様だったので
停電した時のことを考えローソクの準備をし
暗闇でつまづいたりしないよう片付けまでした。

怖かったけど、
虎徹を抱いたまま足がすくんで動けなかった1か月前に比べ
ずいぶんと学習の成果が出てきた。


▼続きを読む▼

スポンサーサイト



仕事復帰してから10日が過ぎた。

新しい生活のリズムにまだ慣れないから
身体がキィキィ悲鳴をあげている。

けど、経費節減のため毎朝欠かさずお弁当を作っているし、
おかずは大きい方をダンナの弁当箱に詰めるようにしている
ま、まだ10日しか経っていないから
あんまりエラそうにやってますヅラできないけれど。

専業主婦の毎日もやることいっぱいで大変だったけど、
ワーキングマザーの朝と夜もチョー忙しくて大変だ。
まだコツがつかめていないからね。
そのうち手抜きできるところを見つけないと身体が持たん。


慣らし保育優等生だった爽空ちゃんも
環境の変化を感じ取ったらしい。

sora

あんなに手がかからず楽勝だったのに
わたしの仕事が始まったとたん
保育園から帰るなりだっこだっこと甘えて泣き
ベッタリくっつき離れようとしない。


▼続きを読む▼

金曜日から職場に復帰した。

気持ちも新たに一日中職場に身を置いてみると、
働かせてもらえる喜びを改めて噛みしめるとともに
自分の置かれている現実を
冷静に客観的に見つめられるようになった。不思議。


3月11日の東北地方太平洋沖地震におけるjaponesita家の被害状況。
ようやく語る気持ちになれた。
ここで語って、現実を認めて、
ハラくくって踏ん切りつけて大きく前に進もうと思う。

japonesita家は自宅と納屋とお墓が被害にあった。
それでもまだいいほうだと後になって知った。
わたしの知り合いのお宅2軒は全壊で住めないという。
同じ市内でもお皿一枚割れなかった家もあるくらいだから
今回の震災に対するとらえ方の温度差はとても大きい。

このあたりは震度6強の強い地震で、
市内のあちこちの家で屋根瓦が滝のように落ち
塀という塀はボロボロに倒れ
店舗や事務所のガラスは割れ天井が落ちたので、
業者の手配も屋根を覆うブルーシートも間に合わない状況だった。


▼続きを読む▼

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

名前:
メール:
件名:
本文: