FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんなにもゴキゲンな爽空ちゃんと

sora

仕事帰りをすかさず拉致したダンナと3人で
吉祥寺・前進座までAMIスタ発表会に行ってきた。


運転はダンナに任せて
わたしは爽空ちゃんと後部のVIP座席で
ペチャクチャおしゃべりを楽しんだ。



▼続きを読む▼

スポンサーサイト



今度の日曜日は、AMIスタの生徒発表会だ。

爽空ちゃんの体調がよければ、
出演する友だちを応援しに
当日の午前中仕事があるダンナを
帰り次第ドライバーとして駆り出して
東京へ向かう段取りになっている(笑)

そしてもちろん虎徹も、
ひとりお留守番じゃかわいそうだから
実家の母のところにお泊まりするようお願い済みだ。


当初の計画では、
わたしも念願の発表会参加を果たすべく
今ごろ必死になって
みんなと地獄の練習(笑)してる予定だったのだけど、

母親業の現実はそう甘くもなく、
爽空ちゃんのお世話と初めての離乳食に翻弄され、
その合間を縫って
虎徹のストレス発散のおつき合いと愛情注入とで、
けっこうめまぐるしく毎日が過ぎていく。


sora

でもまぁ、、、こうなったらこうなったで、
爽空ちゃんのこんな笑顔が見られるんだから

今年の発表会は見送る、という決断は
そんなに悪い選択でもなかったよね。


▼続きを読む▼

それは先週末のこと。

ついさっきまであんなにじゃれて遊んでいた虎徹が
急におとなしくなり、
まるで緊急避難でもするように
そそくさと自分のサークルに入って動かなくなった。

虎徹


おいで~♪と呼んでも出てこない。

おやつでつっても、いっこうに出てこないのだ。



▼続きを読む▼

ここのところ爽空ちゃんが、
チョ~おそろしいほど不機嫌なのである。


ちょっと前までは
大好きなテレビ番組を見てけらけら笑ったり、
積み木やおもちゃで遊んだり、
ぐるぐる回転したりテーブルの下に潜ったりと、
けっこう一人で遊んでくれていたっていうのに、

いったいどうしたっていうんだっ?

ここ最近、
キィキィいって泣いたり、
あ゛~っと大声を出してわたしを呼んだり、
ちょっと離れただけでギャンギャン大泣きしたり、
もう、、、泣いてばっかし


おまけに、、、

夜泣きがはじまったのか、
新生児のころから続いている2時間おきの授乳に加えて、
明け方は20~30分おきに目を覚まして泣いて、

泣いて、泣いて、泣いて、、、

こっちはもう、ヘロヘロだっちゅーの



▼続きを読む▼

わたしが大のお気に入りの、このお洋服。

sora


とうとう、、、
おまたのスナップボタンが留まらなくなった(笑)


3Mサイズで、とうに3ヶ月は過ぎているけれど
爽空ちゃんはちっちゃめだから
つい2週間前までは着られたっていうのに。。。



▼続きを読む▼

虎徹の寝床を
今まさに襲わんとする爽空ちゃんwww


sora


子どものころ
ニワトリや、その卵を狙って
ニワトリ小屋に近づくヘビやイタチを見つけ、
ギョっとした記憶がよみがえったゾ(笑)

▼続きを読む▼

6ヶ月をすぎた爽空ちゃんの成長には
目を見張るものがある。


sora


まさか、
わたしのかわりに毎朝新聞を読むと見せかけて
折り込みの安売りスーパーのチラシをチェックしたり、
気が向けばブログを更新し、
ウィットに富んだオチや社会風刺を織り交ぜておいてくれたりと、

そこまでは
こんなバカ親でも親バカになってはいない



▼続きを読む▼

わかるかなぁ。。。

爽空ちゃんのほっぺたと口のまわりが
赤くなっているんだけど。

sora

離乳食にと
じゃがいもポタージュを作ってあげたらこうなった。


ちなみに、、、
この顔は爽空ちゃんの寝顔です(笑)

最近めっきり夜寝なくなってしまい、
寝かしつけてもすぐ
わたしがいなくなったのを察知して泣くので、
しかたなく
ブログを更新するわたしのお膝に

どーせ寝かそうと頑張ったって寝ないので
子育てへの姿勢がずいぶんと雑になった

でも本当にこうやって「ながら寝かしつけ」してると
良く寝るんだから不思議だ。

▼続きを読む▼

土曜日は爽空ちゃんに
わたしのおでかけにつきあってもらったので、

日曜日は爽空ちゃんのため
地域の図書館で無料で開催された
ハロウィンコンサートに行ってきた。

sora

部屋中が手作りのデコレーションで
いっぱい飾り付けられていて、
なんだかとっても懐かしい景色のようで嬉しかった。

Halloween


▼続きを読む▼

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文: