FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

成長まっ盛りの爽空ちゃんを連れ回して
趣味のフラメンコを楽しんでいいのだろうか?

自分の趣味は後回しにして
少しでも爽空ちゃんのために時間をさき
育児に専念すべきなんじゃないか?


こんな悩みにぶつかっていたところ、

このブログを通じて、
また直接悩みを打ち明けた方々から、
たくさんの激励とアドバイスをいただいた。


まずはじめに思ったことは、
「みんな同じ道をとおっている」ということ。

みんな誰しも
はじめての子育てに戸惑いながら、
不安と閉塞感と罪悪感と、そして大きな喜びと、
そんな複雑に入り交じる感情を抱えながら
この時期を過ごすということだ。


▼続きを読む▼

スポンサーサイト



爽空ちゃんが、
もの凄い勢いで進化を遂げている。


オギャ~と泣きながら、
子宮というせまい暗闇の海から生まれ出てきたときには、
おさるさんの顔した、くにゃくにゃ軟体動物だったけど、

誰に教わるでもなくおっぱいを吸い、
よく寝てよく泣き、
そんな爽空ちゃんの生活リズムにあわせているうちに、

気がつくと首がすわり、
目が合い、
微笑み、
あやすと笑い、
声を出してケラケラ楽しそうに笑い、
寝返りまでした。

今朝目覚めて爽空ちゃんをふと見ると、
何気ない角度の何気ない爽空ちゃんの顔つきが、
まるで少女のように大人びて見えて、
おもわずハッとしたのだ。



▼続きを読む▼

まさか自分は、、、、と思っていたけれど、
もしかしたら最近の自分のあやしい言動(!?)は
プチ産後うつの症状なのかもしれないな。


こんなわたしでも時には
謙虚に自分を反省することもあるんだと、
どっちかというと好ましい態度変容だと喜んでいたけど(笑)、
それにしたって自分を責めすぎていたのだ。

しかもそれが、
そんなに自分を責めなくたっていいような
どーでもいいことについても、だ。

とっても真面目な人は、
こうやって辛い産後うつに入っていくのかもと、
半ば人ごとじゃない心境だゾ。

ただし、
「真面目な人」の中に図々しく自分をくくることに
非難が集中しそうな気もするけれど。


▼続きを読む▼

爽空ちゃんのお宮参りのときに
こんな素敵な写真を撮ってくれた、
日の丸写真館さん。

sora


ここで行われた夏休みイベント「子供の撮影レッスン」に
参加してきたのだ。


hinomaru


▼続きを読む▼

12日のAMI&The Will 「Movement」を観に、
東京・渋谷のセルリアンタワー JZ bratへ。

sora


爽空ちゃん、初めての夜遊びナリ~(笑)




▼続きを読む▼

ルンルンっ♪

今宵は渋谷でAMIさんライブ。

movement


朝から張り切って、日課の草むしりmission完了。
あたし名義の土地に生えてる草ぢゃないんですけど、、、
なーんて、小さいことは気にしない




▼続きを読む▼

昨日からなんだか、
爽空ちゃんが急に変わってきたなあと思っていた。

第一に泣き方にバリエーションが富んできたし、
アーだの、ウーだの言って、
自分の要求をどーにか伝えようとしているみたいだった。


3ヶ月にもなると、ずいぶんと成長めざましいんだね!


今日なんて、
虎徹をじっと目で追いかけて、ケラケラ笑ってやんのぉ。

sorakotetsu

今までは、人間の顔しか反応しなかったのにね。

ママであるわたしの顔と
それ以外の人の顔が識別出来るようになったころ、
虎徹の存在にも気づくようになったんだねぇ


虎徹、気づいてもらえるまで長かったねぇ....
よく辛抱したよぉ(泣)



▼続きを読む▼

虎徹の快気祝い(なのか?)に、
当の虎徹本人はなぜかお留守番をさせ、
爽空ちゃんを好き勝手連れ回し、
またお好み焼きやさん「ARIGATO」に行った。

ARIGATO


おしゃれなアンティーク風の店内に、
ちょっとシャイでめちゃくちゃ優しいオーナー。


arigato arigato

わたしは、オーナーのちょっとはにかむ笑顔が好きだ。
お店の名前どおり、根っからのいい人に間違いない。

だって笑顔は、正直だもん。

その場しのぎのウソの作り笑顔は、
この年になってようやく見抜けるようになってきた。

▼続きを読む▼

虎徹が体調不良を訴えていたので、

フラメンコは二の次にして
一見献身的介護に専念しているフリしてたjaponesitaですが、

虎徹「


このとおり、
ゴミ袋をガサゴソといたずらし、
爽空ちゃんのお昼寝ふとんの上で
ぶちまけて遊んでいるので、

もーよっぽど元気になったようです。


具合が悪いときは大目にみていたけれど、


これから、容赦なく叱りたいと思います。




コラ~っ!!!虎徹~っ!!!



君は知っているか。

栃木県は南東部に、
やきもののふる里で有名な
「益子」という素敵なまちがあることを。

noborigama


そして、君は知っているか。

この、関東平野の北の素朴な町で、
魅惑的なろくろ体験ができるという事実を。




フラメンコの聖地アンダルシアを唸らせた舞踊家AMIと
マイテとの熱く荘厳な出会い。
2人の個性がぶつかり、そこから産み出されるパフォーマンスは、
新たなMOVEMENTの始まりとなる.....のか?
(東京・渋谷セルリアンタワー内JZ Bratキャッチコピーからパクリ)


amiymayte

と、とにかく、
これは、AMIとマイテが陶芸というアートをめぐり
熾烈に繰り広げるノンフィクションストーリーなのであーる。


▼続きを読む▼

今日は東京まで
フラメンコのレッスンに行く日だった。

虎徹が蚊にさされて病気にならないように、
今朝は4時に起き出して庭の草刈りをした。

それからフラメンコと爽空ちゃんの荷物をまとめ、
スタジオでの着替え時間短縮のためレッスンパンツをはき、
車の中で食べるおにぎりを作り、
あとはもう行くだけの準備万端な状態になって、
虎徹の様子がおかしいことに気がついた。

虎徹



▼続きを読む▼

また今日も、と思うほど
今どき珍しくない話になっているのが怖いけど、

おとといの夜中、
2人の子どもが母親に育児放棄され、
室内で衰弱死していたというニュースを目にしたとき、
これまで以上に戦慄が走り、
思わず身震いがしてしまった。

夜通し泣き声が聞こえているのが常態化していて、
その声は尋常じゃなかったという。

遺体が発見されたときドアや窓は施錠され、
室内は外より気温が高かったのだという。

ほぼ裸の状態で発見され、
何も食べた形跡が残っていなかったという。


そんな記述を読んでいたら、だんだん
その子たちがどんな思いで
恐怖と不安と飢えと暑さに苦しみ死んでいったのかと
想像したらもう、とてつもなく胸が苦しくなってしまい、

もうそれ以上ニュースを読むのをやめ、
急いで爽空ちゃんの寝ているそばに駆け寄った。


無邪気な寝顔で寝ているわが娘に安堵し、
自分の気持ちを静めるように
爽空ちゃんの頭を静かになでつつ、

その子たちにそんな辛い思いをさせてしまったことに、
助けてあげられなかったことに(無理な話なんだけど)、
なんだかとっても罪悪感を感じて
強く自分を責めてしまった。


女性はきっと、生来の母性で
わが子だけでなく、まったくの他人の子とも
どこか繋がっているのだと思う。




▼続きを読む▼

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文: