FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

日曜日、
虎徹が留守番中にまた吐いた。

虎徹

吐いた胃液の中に
たくさんの血液のつぶつぶが混じっていて、
人間でいうところの胃潰瘍だろうと
容易に想像できた。


この、虎徹に留守番させている間に吐かれるというのが、
わたしにはけっこうツラい。
そばにいれば、背中でもさすってあげられたのにと、
後悔の気持ちがグサグサ胸を突き刺す。


今回のストレスの引き金はたぶん、この人の存在だ。↓

sora


▼続きを読む▼

スポンサーサイト



今週、わたしとうとう、


ファイト一っ発~!!!
フラメンコ復っ活しましたあ


ぶひぶひっ、ぶひひひひ~っ♪



予想どーりの体力低下のあまり、
最初のストレッチで既に大汗をかき、
ちょっと「退散」の文字が脳裏をよぎったけれど、


こーんな顔した(↓)爽空ちゃんと目があったから、

sora

おおっ!爽空ちゃんの期待に応えねばと、
かーさん頑張りますた(笑)



▼続きを読む▼

本日発売のパセオフラメンコ7月号

paseo


今回のフラメンコ力アップ 12の視点はAMIさんだ。

ami

B表紙のAMIさんの写真とそのデザインが
メチャクチャかわいくて見物だジョ。

(みなさん、回し読みせず買って読んでね) byしゃちょ


▼続きを読む▼

爽空ちゃんが寝静まってから、
夜こっそりとフラメンコの靴をはいてみた。

100619_001518.jpg


ああ、そうそうこの感触♪


履けた、履けた、ちゃーんと履けた~



ちょっとキツいけれども。。。。(笑)

太ったわりには、わたしの足は、
ちゃーんと靴の許容量を記憶していたらしい!

▼続きを読む▼

水曜日、はじめて爽空ちゃんとAMIスタに行った。

わたしがフラメンコ復帰する前に、
爽空ちゃんとドキドキの予行演習だ。

何をするにもまだ要領が悪いから、
えらく手間ヒマかかった汗だくツアーだったけど、
今回は見学だけとはいえ
久しぶりにAMIスタのドアを開けた瞬間、
嬉しくって気持ちが高ぶってしまった!

またここに戻れたことが、本当に本当に嬉しかった!!


AMIさんにも、昼クラスのみなさんにも、
爽空ちゃんは本当にたくさん可愛がってもらい、
ずっとず~っと、とびきりのニッコニコ顔だった。

こんなに可愛がってもらって.....わたしまで嬉しい♪


さて問題はレッスン中、
爽空ちゃんがおとなしく過ごせるかどうかだ。

AMIスタ


▼続きを読む▼

今いちばん関心あることを、比較検証してみた(笑)


お宮参り

左の写真は、母とわたし。
右の写真は、わたしと爽空ちゃんだ。


余談だが、
母に写真掲載の許可を尋ねたところ、
恥ずかしいからイヤだということだったが、
どうせ母の世代の知り合いのうち
インターネットを駆使し、
さらにこのブログにたどり着く人の割合は
ほぼゼロに近いだろうから心配ご無用と説くと、
安心してあっさり了承した(笑)


まず何より最初に気づいたことは、
なぜ母の時代に、
こんなメイクと髪型が流行ったのだろうかという疑問だ。
'60~70年代の写真や映像を見ると、
わたしには、女性がみんな和田アキ子に見える(笑)


▼続きを読む▼

爽空ちゃんのお宮参りのあとの
記念写真用に散髪に行ってきた虎徹。

虎徹


か、かわゆいっ


この、シャンプーしたての
ふっかふか虎徹がたまらなく大好きで、
毎度毎度ムギュ~っとしたくなる。

虎徹も大切な家族だもんね、
カッコよくキメて写真に写らなきゃネ♪


▼続きを読む▼

益子の、とあるオシャレなカフェでの一コマ(↓)




出産という一大イベントを終えて、
わたしの話し方がオバサン化してるよーな気がするが、、、、、



それはまったく気のせいでしょう。




それにしてもこのビデオの終わり方が大変気になる。


それはまるで、
映してはイケナイものが映ってしまい、
ビデオの自動制御装置がはたらいて
ムリムリ強制終了させたような、
そんないや~な後味だ


ま、いっか。
それもきっと気のせいでしょう。



▼続きを読む▼

最近の爽空ちゃんは、よく笑う。

sora


朝の目覚めのときがチョー気分いいらしく、
うっはうは~のニッコニコだ。


わたしなんて朝から笑えないけど。
見習おうかな、爽空ちゃんのこと。。。
福でも飛び込んできそうだし。

▼続きを読む▼

爽空ちゃんのお宮参りに行くことになった。


そういえばわたしが小学生のころ、
退屈しのぎによく、宝探しのように
家の押し入れをガサゴソ漁るのが好きだった(笑)

あるとき、ピンク色の可愛くて大きなアルバムが出てきた。
ワクワクしながらそのぶ厚い表紙をめくると
優しい音色のオルゴールが流れてきて、
わたしの記憶にない、幼い頃の自分の写真が貼られていた。

その大発見以来、
よりいっそう頻繁に押し入れを物色するようになり、
ことあるごとにそのアルバムをめくっては
ノスタルジックな不思議な気分に浸っていたものだ。

そのアルバムの
いちばん最初のページに貼ってあったのが、
母に抱かれてお宮参りに行ったときの写真。

セピア色に色褪せたその写真には、
爽空ちゃんとおんなじ顔した自分と(笑)
そして、なんとも言えないほど幸せそうに
カメラ目線で微笑む若き時代の母がいた。

この写真が、なぜだかとっても目に焼き付いている。

そして、
今度はわたしが母として爽空ちゃんを抱き
お宮参りに行くことになったのである。



▼続きを読む▼

月曜日は、わたしの1ヶ月健診だった。


そーいえば、
この健診でオッケーが出るまでは
シャワー浴しかダメだったのに、
爽空ちゃんをお風呂に入れるのについ夢中になって、
気がついたら1週間も前から
爽空ちゃんと一緒に浴槽でのんびりバスタイムしてた(笑)

そして浴槽に入っていた間違いに、
健診の前日ようやく気づいた(笑)


先日、おなじ病院で出産したママさんに会い、
「からだのお具合どうですか~?」と聞かれ、

「あれ、あたしどっか具合悪かったっけ?」と
マジで考え込んだくらいだ(笑)

出産した記憶すら遠のいてきたぞ。

だもん、、、大丈夫でしょ、きっと。



▼続きを読む▼

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

名前:
メール:
件名:
本文: