FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

怒濤の一週間。


フラメンコにこれでもかーっ!!!というほど浸り、
すっかりご機嫌になったわたし。


土曜日のレッスンも、
得意の「なりきりフラメンコ」で、
すっかり上手くなったつもりになって、
意気揚々とスタジオに向かうわたし。



こんなんなっちゃうと、もうコワイものなし。
始末に負えないよ~、もう誰も汗;



AMIさんにまで、強気で向かってくんだから(笑)


わたしへの集中攻撃もなーんのそのっふっ・・・


「次はゼッタイやってやります」宣言をし、
予告が見事達成されると、 

満面の笑みとピースサインで
「どーよっ!AMIサンっ想像」と言わんばかりの挑戦状。



大したことやってるわけじゃないのに、
こーんなに満足してピースするんだから、
AMIさんもプププ~と、そりゃ吹き出すわなあ。。。。。


こんな超ノーテンキなわたしにも、
余裕綽々で受け止めてくれるんだから、
AMIさんのふところは、間違いなくデッカイ。




しっかしまあ、
アレグリアスの振り付けが始まってから
ずーっと感じていることなんだけど、

AMIさんの振り付けはほーんと難しい。。。。。こまった桃


はっきり言って、
そんなムズカシイことなんてやってないのだっ!

難しいことなんてなーんにもやってないのに、
いざやると、これがまたほーんと難しいのだっ!!!


ビミョーな「間」というか、
コンパスのとらえ方というか、
アイレとゆーか、
なんちゅーか、かんちゅーか、

とにかく、目からウロコ的に難しい。



さらに、
身体の美しい使い方とか、
フラメンコらしさを追求すると、
これまた、これまで何気なーくやってたことが、
おそろしいほど難しくなってくる。



たった1コンパスの振りに、
どんだけ時間を費やすことか。。。。。。



この積み重ねを惜しむかどうか、
この努力をするかどうかが、

まさに、運命の分かれ道なのですねえ。




なんだか、漠然としていた疑問が
少しずつひも解けてきた感じだじょ。




趣味のフラメンコ

いったいどこまで追って、どこで満足するか。




一度こんな世界を知ってしまったら、
もう抜け出せないじょ。



おっそろしいほど、先の長ーい道のりだけど、
もう、後戻りも、妥協なんかもできないじょ。



それはなんでか。。。。



それはね、
この名曲がすべてを物語っているのです。






その名は、 「ああ人生に涙あり」


そう、あの水戸黄門の主題歌ですっ♪





デ、デデデデッ、デデデデッ、
デデデデデデデデデデ~ッ (ここまで前奏)


人~生 楽ありゃ苦もあるさ~
くじけりゃ 誰かが先にゆ~く~

あ~と~から来たのに 追~い越~さ~れ~
泣くのがいやなら~ さ~あ歩~け~ ♪



ああ、染みますね、この歌。
わたしも黄門様といっしょに、
泣きながら歩いてゆきたいと思います。




黄門様のお話が、完全一話完結型のように、
わたしのフラメンコも、一レッスン完結型だと、
もっといいのですがね。


どーゆーわけか、わたしの場合、
一レッスン完全宿題型なんですが、何か?





スポンサーサイト



09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

名前:
メール:
件名:
本文: