FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

昨日、AMIさんのスタジオに、
遠く台湾からのお客さまが来てたのです。

聞くとなんでも、
台湾のフラメンコ教室で、
ギターを弾いている方らしく、

自分の教室の生徒さんの姉妹が、
日本でAMIさんの教室に通っている、
そういういう情報を入手し、
そのツテをたよってAMIさんを訪ねてきた、
そんな感じでした。

レッスンが始まる前、
そんなことで見知らぬ男性が、
AMIさんとイスに座ってかしこまり、
ちょっと興奮気味に話していたので、

な、な、なんなんだああああああ?

と不思議に思ってたけど、

ああ、なるほどね!
と聞いて納得しました。


そういえば、私も昔おんなじことしたっけ。


フラメンコに夢中になり始めて2、3年が過ぎたころ、
マドリーにある、
メルチェ・エルメラルダのスタジオに通う留学生をたよって、
一目会わせてもらいにいったっけ!

レッスン前の、ほんの4~5分だったけど、
(たぶん実際にはもっと短かったかも???)
それはそれはもう、
感動と興奮の嵐だったことを、
いまでもまだ鮮明に覚えている。

そう、映画「カルロス・サウラのセビジャーナス」のなかで、
まるで別物のような、
とっても優雅なセビジャーナスを踊る人。

映画「カルロス・サウラのフラメンコ」のなかで、
この上ない美しさでグァヒーラを踊る人。

留学生のお友だちが、
わたしをメルチェに紹介してくれているあいだ、
とってもキラキラとした笑顔で、
わたしの方をじっと見つめてくれていたこと、

そのステキな笑顔は、本当に、本当に、
今でもまだ心に焼き付いていて、忘れられない!

その美しさにハッと息を呑み、
このペチャクチャおしゃべりな私なのに、
一言も発することができなかったんだよね。
でもスタジオを後にしてから、
興奮で心臓がバクバクいっちゃって~

今日の台湾のお客さまも、
きっとそんな心境だったんじゃないかな。


ふっふ~ん

そーんな気持ちとともに、
湧いてきたあるひとつの不安。


よりによって、
わたしたちのクラス見学していくなんて!


~AMIさんにお会いしてきたよ!
 AMIさん、本当に素晴らしい人だった!!!
 だけど生徒がねえ、あれじゃあねえ。~

そんなこと、
台湾に帰ってどーか言ってませんよーにっ!!!


ヤバイっ、本当に!!!

本気で頑張らないと、みにくいアヒルの子、
醜いまんまで終わっちゃうよおおおお(泣)

スポンサーサイト



08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

名前:
メール:
件名:
本文: