FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

君は知っているか。

栃木県は南東部に、
やきもののふる里で有名な
「益子」という素敵なまちがあることを。

noborigama


そして、君は知っているか。

この、関東平野の北の素朴な町で、
魅惑的なろくろ体験ができるという事実を。




フラメンコの聖地アンダルシアを唸らせた舞踊家AMIと
マイテとの熱く荘厳な出会い。
2人の個性がぶつかり、そこから産み出されるパフォーマンスは、
新たなMOVEMENTの始まりとなる.....のか?
(東京・渋谷セルリアンタワー内JZ Bratキャッチコピーからパクリ)


amiymayte

と、とにかく、
これは、AMIとマイテが陶芸というアートをめぐり
熾烈に繰り広げるノンフィクションストーリーなのであーる。


▼続きを読む▼

スポンサーサイト



本日発売のパセオフラメンコ7月号

paseo


今回のフラメンコ力アップ 12の視点はAMIさんだ。

ami

B表紙のAMIさんの写真とそのデザインが
メチャクチャかわいくて見物だジョ。

(みなさん、回し読みせず買って読んでね) byしゃちょ


▼続きを読む▼

毎日毎日、一日に何度となく、
まるでおみくじを引くように(笑)
AMIさんのHPをチェックするのが日課となっているんだけど
やーっとこさ、更新されたね~♪
  →AMIさんのHPはこちら

ほんと、忙しい方だからわかっちゃいるけど、
でもやっぱり更新されると、正直嬉しい



公演情報を見て、思わずニンマリしたジョ~


AMIさん、
昨年末のエッセイで言ってたとおり、
今年はエンジン全開ガンガンだ~


よっしゃ~っ!そう来なくっちゃね♪

わたしもガンバってフラメンコ復帰するわぃ!!!
まだ身体が戻らず踊れなくっても、
観て楽しむことはできるからねん♪


妊娠して、太りすぎて(笑)踊れなくなって、
自分で踊るだけでなく、本当に観る楽しみを知った。
聴く楽しみも知った。


 ~人間万事塞翁が馬~

思うとおりにいかなくなったからって、
嘆いて諦めるのは、ちょっと様子を見てからでも遅くないかも。

▼続きを読む▼

わたしが今、かなりハマっている
AMIさんの新しいDVD

「AMIさんの発表会ができるまで~あなたはフラメンコを踊ってますか~」

その一部が、動画で見られるようになったヨ♪




みんな、この作品をみてどう感じるんだろう。。。


つい最近このDVD買って見た友だちは、
心してみるように、というわたしの忠告にもかかわらず、
油断して見ちゃって(笑)、その夜眠れなかったって。


だから、言ったじゃーん。
わたし、ウソ言わないってばあ!


▼続きを読む▼

昨年末に発売になったばかりの
AMIさんのDVD(↓)

amidvd

見終わったあとの
強烈なショックの理由が知りたくて、
あの後、また数回観た。


少し冷静になってから、
またもう一度観てみると、
けっこういろんなことが見えてきて面白い。



不思議なことに、というか面白いことに、
このDVDを見終わった後の、一番最初の感想って、

はじめてAMIさんのフラメンコを見たときの、
あの感想とそっくりだっ!!!


どちらも「言葉にならないほど衝撃的」



▼続きを読む▼

12月25日に発売になったばかりの
AMIさんのDVD↓

amidvd


ゲットしたその日に、構えず何気に見てみたら、
ヒドくショックを受けた。


何がそんなにショックだったのか、
その日はさっぱりワケがわからないまま、
頭ン中が混乱したままだったんだけど、

ゆうべもう一度見てみて、
その理由の一つがようやくわかった。



▼続きを読む▼

今月25日に発売になったばかりの
できたてホヤホヤDVD

「AMIさんの発表会が出来るまで
 ~あなたはフラメンコを踊ってますか~」

amidvd

1995年にAMIさんがコルドバのコンクールで、
外国人として史上初のプレミオ・ナショナル
(エンカルナシオン・ロペス・ラ・アルヘンティニータ賞)を受賞した、
あの快挙を成し遂げたときの貴重な映像も収録されているので、

もうどうしても、
そのときのAMIさんのバイレが見たかった私は、
このDVDの発売を、いつかいつかと本当に心から待ち望んでいた。

そしてさっそく昨日AMIスタで入手して、
家に帰るなり見はじまって、



かなり深く、ショックを受けた。



このDVD、そのタイトルから
これからフラメンコ教室を開こうとしている、
プレ先生のための教材なのかな、と
そう勝手に思いこんでいたけれど、


このDVDはね、

フラメンコが大好きで、大好きで、
なかなか上手くならなくて悩み苦しみながらも、
それでも心から愛してやまない、
たくさんの迷えるバイレレッスン生のための、
道しるべというか、手引書のようなものだった。



▼続きを読む▼

今月23日(月・祝)のエスペランサ。


「カサ・デ・エスペランサ開店38周年記念特別企画」

踊 り: AMI、荻野リサ 鈴木舞
ギター: 片桐勝彦 今田央
カンテ: 川島桂子 石塚隆充
パルマ: 伊集院史朗

これ、本当に本当に楽しみアップロードファイル


荻野リサさんは、一度プレステージで見て一目惚れっ!
鈴木舞さんって、どんな踊りするんだろ???

もうとってもとっても待ち遠しい~


そしてAMIさん。
AMIさんには、本当に本当に心から、
たっくさんのステージで踊ってもらいたいって、
心の底から思うんだ。

AMIさんの表現の世界は、どこまでも無限だ~



もうわたし、フラメンコ観る方も踊る方も
すっかりカウントダウンが始まった。

出産したらしばらくは、
本当にしばらくは、
ライブや公演をゆっくり観に行く時間なんてとれないだろうから、

今のうち、観たいライブを、
今のうち、観てみたいアーティストを、
貪欲なまでに欲求を消化しておかないと~

もうこれで大満足、なーんてワケにはいかないだろうけど、
あのときあのライブ、観ておけばよかったあ。
なーんて後悔のないように、
来春までに残された時間を、計画的に使っていかないと。

だからわたしのスケジュール帳は、
来年3月まで、要チェックなフラメンコライブでい~っぱい!!!

行ける手ハズ(なんだそれっ?)が整い次第、
忘れずにいざ直行状態にしておくんだ~



生まれてくる赤ちゃん、
ライブでもすやすや寝てくれる、そんな子がいいなあ。。。。。



こりゃ、完全親の勝手かっ汗;





長い前置きになったけど、
ところで来年3月の新宿エルフラメンコ
水曜特別企画「 AMI 」

今回は4週連続っていうことだったので、
どんなことになるんだろーって気になっていたけれど、

開けてビックリ!玉手箱♪


◆2010年3月3日(水)
  (b) AMI / 石井智子
  (c) エル・プラテアオ / 石塚隆充
  (g) フェルミン・ケロル / 片桐勝彦

◆2010年3月10日(水)
  (b) AMI / 藤井かおる / 田中玲子
  (c) エル・プラテアオ / 石塚隆充
  (g) フェルミン・ケロル / 片桐勝彦

◆2010年3月17日(水)
  (b) AMI / 石井智子
  (c) エル・プラテアオ / 石塚隆充
  (g) フェルミン・ケロル / 片桐勝彦

◆2010年3月24日(水)
  (b) AMI / 萩原淳子
  (c) エル・プラテアオ / 石塚隆充
  (g) フェルミン・ケロル / 片桐勝彦

時間:19時
場所:東京・新宿 エル・フラメンコ
料金:5000円(1ドリンク・タパス付き)
問い合わせ:MAIL amicielo@ace.ocn.ne.jp AMIフラメンコスタジオ 
        TEL/FAX 03-3384-8335 AMIフラメンコスタジオ




わぁっ、こりゃマジでオモシローイ想像

このキャスティングを知った夜、
夜中だってゆーのに、
思わずはしゃいで興奮しちまったあああああ



石井智子さんとはねえ~




石井智子さんは、
まだ小松原庸子舞踊団で踊っていらしたとき、
何回か観たっきりで。。。

あのときから凄く美しい踊りをされる方で、
存在感もピカイチの団員さんだった。
あれからもう何年たつんだろ??

今はどんな踊りをするのかなあ。
とってもとっても楽しみだなあああ想像


そして藤井かおるさんと 田中玲子さん。
このお二人は前々からずーっと見たかったんだ。

最後に萩原淳子さん。
萩原さんは今年のエルフラで見て凄かった。


こりゃ、見応えある水曜日になること間違えなしだねっ!!!


どんなことになるんだろ、来春3月。
あたし、興奮しちゃっておちおち臨月迎えられないよおおおドキドキ




ところでAMI印について一考察。

AMIさんに師事したことのある舞踊家さんって、
本当に本当にオモシロイ。

やっぱり、AMIさんに師事した人は何かが違うし、
何がオモシロイかって、
AMIさんとはまた違う、それぞれの強烈なテイストを持っているんだな。


そういうAMIさんの元お弟子さんを見て、こう思うんだ。

AMIさんって、とことん教えぬき、
とことん育て上げるんだろうなって。

だから、
才能ある人たちはパタパタパタ~って大きく、
大空に飛び立って行くんだろうなーって。



面白いっ!面白いっ!!

ひとの数だけ表現のしかたがあるから、
本当に味わい深い。



来年3月といったら、
もうわたしにとっては、いよいよ大詰め。

ぴっちぴちになるほど大きくなった腹抱えて、
さあフラメンコはいったんお休み、と腹くくっているんだろーな。



わたしのフラメンコ人生第2幕のおわりに、

最後の最後の、超サイコー級の胎教になるわいなっ。


ここで陣痛に耐えるだけのエネルギーを
もらえるだけもらって行こうと思う(笑)



いま、わたしのおなかの中にいる、おチビちゃんよお。

おなかの中での最後のレッスンだと思って、
の~んびりお楽しみくださいませ。


くれぐれも焦って、
予定日より早く出てくることのないようにっむかー

もしもライブ中に産気づいたりしたら、
あたし一生恨むぞおおおおお泣き



あなたはこれから、イヤというほど長い人生、
フラメンコに没頭できるんですから、
どうかのんびりとした気分で出てきてくださいまし。



あたしゃ、そうものんびりしていられないので、
復帰には、全面的なご協力をお願いしますよおこまった桃




うまくやっていこね、ホント。手をつなぐ

心の底から、お願いしますよおおおおおお





11月4日(水)に発売の
石塚隆充さんの1stアルバムのジャケットがコレ~(↓)

isizuka

おおおおおお~っキラキラ カッコいいアップロードファイル

ホンモノはもっとカッコいいけど(ホントだよ~)、
実に気さくな人なんだよね~
(ううっ、飾り気のない天然ともいう。)

歌うともっとカッコいいうっとり (←これもホント!)
アタシの胸がキューンドキドキとなっちまうぅぅぅぅ

うぅぅ~っ(嗚咽)


ホント、素晴らしいカンタオールですねっ♪

いつか石塚さんのカンテでフラメンコ踊るのが、
アタシのキラーンと光る野望キラキラなんだけど、
いつ実現するかわかんないから、
ひとまずCD聴いてガマンする~(なんじゃそりゃーっ)


11月に発売されるアルバムの詳細がわかりましたよん♪(↓)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

石塚隆充 1stアルバム「RELIQUIA (レリキア)」
2009年11月4日(水)発売
TTCL-005 / ¥2,625(tax in.)
販売元:DAIKI SOUND

01. Bulerías [con Diego del Morao]
02. Una Carta (Fandango)
03. Soleares [con Domingo Rubichi]
04. A Mis Niños (Bulerías)
05. Estaré Para Ti
06. Tangos [con Jin Oki]
07. Angie
08. Refugio [con la colaboración especial de Cañizares]
09. Mequedé
10. Fiesta en Santiago (Bulerías)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


※全国のCDショップで買えますヨ。

アマゾンでも予約注文できます→ アマゾンへ行く


あ、それから、CDの視聴がコチラでできます♪
 「Reliquia」を視聴する

あたし、ずーっと視聴してて、ゴッキゲンなのです♪
この甘~い声、国宝級だわなああああ涙


はやく発売されないかナ!


taka


あっ、今月22日の、
アルバム発売記念ライブの詳細は、
こちらでチェックしてねっ♪  ↓

石塚隆充"Reliquia"(レリキア) Release Liveをチェック!!





芸術の秋。 フラメンコの秋さとと-枯葉

10月からぞくぞくと
大きなフラメンコ公演が目白押しですねっ♪

情報はいちはやくゲットしないと、
あとで後悔することになるからね~

わたしのスケジュール帳も、
フラメンコライブの予定でいーっぱい!!!

超がつくほど軽いつわりと、バッチリな体調に感謝して
今のうちに胎教をかねて行かなくてばああああ!!


さてさて、長い前置きはさておき、
渡部純子さんのフラメンコ公演

「Zorongo Gitano(ソロンゴ・ヒターノ)」


残念ながら宇都宮公演は完売だそうで、

チケット取り損ねた人は、
名古屋公演か、東京公演で観るってーのも手かもねっ♪

あーもちろん、
そちら方面にお住まいの方もぜひぜひどうぞっ♪


【名古屋公演】
junkowatabe
 
◆2009年11月11日(水)
◆全席自由:5,000円
◆会場 エル・ハレオ(愛知県名古屋市港区港栄4-17-44)
◆開演
 ・午後の部  18:30 (開場 18:00)
 ・夜の部    21:00 (開場 20:30)
◆出演
 ・Baile 渡部純子、Inaki Marquez(イニャキ・マルケス)
 ・Cante エンリケ坂井、勝羽幸
 ・Guitarra 木南利夫、久保守、山岸卓斗
 ・Violin 三木重人


【東京公演】
junkowatabe

◆2009年11月13日(金)
◆全席自由:6,000円
◆会場 文京シビックホール・小ホール(東京都文京区春日1-16-21) 
◆開演 19:15 (開場 18:45)
◆出演
 ・Baile 渡部純子、Inaki Marquez(イニャキ・マルケス)
 ・Cante エンリケ坂井、勝羽幸
 ・Guitarra 木南利夫、金田豊
 ・Violin 三木重人
文京シビックホールHP


上記2公演のお問い合わせ、お申込みは
(株)ラ・ブレリア 担当:岡 labuleria@ric.hi-ho.ne.jp まで



あたしだったらさ、
名古屋に行くんだったら、ついでにみそかつ食べてきたーいっアップロードファイル

東京公演だったら、
昼間どこかでクルシージョでも受けてくるかナこまった桃

ん~っ、やっぱり
疲れて公演中寝ちゃうとマズいから、
どこかの食べ放題でも行ってくるか!!!


食欲増進の秋。
今週つけたゼイ肉は、
今週のレッスンで落とさねばっ(泣っ)



08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文: